幸せホルモンを増やそう

 

買い物に行った日のこと。
エレベーターに乗ったときに、若いパパとママが赤ちゃんが乗ったベビーカーを押しながら入ってきました。

赤ちゃんと私はご対面の状態に^^;
赤ちゃんって目と目が合うと目をそらさないんですよね。

シーンとしたエレベーターの中。
赤ちゃんと私は何秒かじーっと見つめ合っていました^^;

あまりにも可愛いかったので、無言で変顔をしてみました(^_^)

そして・・・

ニコ〜っと赤ちゃんが笑いました。

私の顔がそんなにおもしろかったのか?

でも赤ちゃんを笑わせたくて、もう一度変顔〜(^_^)

また笑った〜(^。^)

こんなことで達成感を味わってしまいました(^_^)

パパとママと目が合ったときは少し恥ずかしかったですが・・・

でもエレベーターに乗っている短い時間になんだかほっこりした気分になりました。

 

幸せホルモン

どんな些細なことでもいい気分になった時には、
セロトニン、ドーパミンのような幸せホルモンが分泌されるのだそうです。

セロトニン、ドーパミンと言われるとなんだか難しいので、

「幸せホルモン」
この方が私には理解しやすいのでそう呼んでいます^^;

名前は忘れてしまいましたが
ストレスを感じると分泌されるホルモンもあるようで・・・

でも幸せホルモンが分泌されると
そのストレスのホルモンの分泌は減少するのだそうです(^v^)

誰かにほめられた。

髪型を変えてみた。

初めて入ったお店がおいしかった。

自販機でジュースが当たってもう一本出てきた。

(私のように^^;)赤ちゃんが笑ってくれた。

どんな些細なことでも幸せホルモンは増えるのだそうです。

食べ物やサプリメントでも増やすことができるのですが、
日常の自分自身の行いや感情からも
増やすことができるんですね(^v^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村


自分らしさ ブログランキングへ

投稿者:

Emi

アラフィフ。
生活スタイルや体調など年齢とともに変化を感じる世代。
落ち込むこともあるけれど、楽しいこともある。
自分らしく、毎日を明るく過ごしていけたらいいなぁと思います。
堅苦しく考えず、その時に思ったことを日々綴っていきます。
よろしくお願いします。

コメントを残す