夏のレジャー ~メイク崩れを最小限に、心地よい虫よけスプレーで快適に!~

こんにちは。
今日も見に来てくださりありがとうございます。

お盆休み。
みなさんはどこへ行かれましたか?

私は今年はどこへ行く予定もなくのんびりと過ごすお盆休みですが、お盆休み唯一のレジャー。
先日親しい友人たちと集まってバーベキューをしてきました。
そう、いつも集まる中学時代からの友人です。

お昼にみんなで買い出しに行って、バーベキューは夜まで延々と続き、ゆったりと楽しい時間を過ごすことができました。

メイク崩れを最小限におさえる潜水法

お昼からのバーベキュー。
とっても天気がよく、もう太陽がギラギラです!

そこで・・・
出かける前のお化粧にちょっとだけ一工夫。
2~3年前テレビでやっているのを見て、それから夏のメイクはずっとコレです。

潜水法と言うらしいのですが。
メイク下地→リキッドファンデーション→お粉
ここまでメイクしたら、洗面器に水道水を張ってそこに顔全体をつけるんです。
その後ティッシュで軽く抑えるようにして水分をとったら、後はいつも通りの眉メイクやアイメイクをします。
せっかくきれいにお粉までしたのにって思うかもしれないのですが、お水に顔をつけることでファンデーションがより肌に密着して化粧崩れを防ぐ効果があるそうです。

ホントかなぁ~
と、思いやってみたのですがなるほど!
本当にメイク崩れはいつもよりしなくなりました。
それ以来ずっと夏の暑い日のメイクは潜水法でやっています。
とはいっても完璧ではなく多少のメイク崩れはします。
でも、ティッシュで軽くおさえる程度でOK。
気になる場合はその後お粉をつけても大丈夫です(^v^)

私は今はリキッドファンデーションは使っておらず、化粧下地→パウターファンデーションのみです。
で、毎朝メイクのたびに洗面器でやるのはちょっと手間なので、100円ショップに売っているスプレーボトルに水道水を入れて顔にたっぷりめに吹き付けて、その後ティッシュで押さえるようにしています。
そして、眉メイクやアイメイクを。
この方法でも効果は同じです。
夏の暑い日のメイク崩れは本当に不快ですよね。
気になっている方は一度お試しを(^v^)

心地よい虫よけスプレー

バーベキューは友人宅でやったのですが、「おじゃましま~す♪」と、玄関に入ったとたんになんとも癒されるいい香りが漂っています♡
そして、BGMはJAZZ・・・
もう、どこかのリゾートホテルにでも来たかのよう。

香りの正体は・・・
ハッカ油というもの。
アロマデフューザーでこのハッカ油の香りが拡散されていたんです♡
アロマデフューザ―が置いてあるのはリビングの隣にあるお部屋だったのですが、上手くサーキュレーターも使っていて、リビングや玄関まで家中がいい香りに包まれていました。
彼曰く、ドラッグストアに売っていて常に常備しているのだそうです。

そう、このお宅の主は男の人なんです。
女子全員が「私たちよりもずっと女子力が高いね~♡」なんて言いながらとても勉強させてもらいました^^;
お恥ずかしいかぎりです・・・^^;

で、このハッカ油は虫よけスプレーにもなるんです!
ハッカ油と精製水を混ぜてスプレーボトルに入れたら、これを体中にシュッシュッとするだけ。
バーベキューはお庭でやったのですが、蚊に刺されることもなくとっても快適でした。
私たち女子は虫よけスプレーすら持参せず。
何から何まですっかりお世話になり・・・
おまけに「あ~コレ、肩こりにもよさそう~」なんて言いながら、盛り上がっていました^^;
肩に塗るとスーっとしてとっても気持ちいいですよ♡
ハッカ油は原液だと濃いので必ず薄めて使ってねとのこと。
「どれくらいの割合で?」
「ん~様子を見ながら適度に^^;」
だそうです。
すいません・・・

 

バーベキューのお肉はとってもおいしかったです~(^v^)

 

アルミホイルで器の形をつくって、そこにたっぷりのオリーブ油とニンニクを入れて火にかけておきます。
これも女子ではなく、男子が・・・^^;
となりの包みはサーモンのホイル焼き。

夜が更けてもまだまだ続き・・・

 

最後の最後は涼しいリビングで素麺。
トマトとツナとみょうがの素麺♡

お昼から夜までずっと食べ続けお腹もいっぱいになり、そしてみんな心も元気になりお開きになりました(^v^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

投稿者:

Emi

アラフィフ。 生活スタイルや体調など年齢とともに変化を感じる世代。 落ち込むこともあるけれど、楽しいこともある。 自分らしく、毎日を明るく過ごしていけたらいいなぁと思います。 堅苦しく考えず、その時に思ったことを日々綴っていきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す