「風邪」は病名ではない?

 

昨日から悪寒がして
今日は朝から病院に行ってきました。
市販の風邪薬はあまり効かないことが多いので、風邪をひくといつも病院に行って風邪薬をもらってきます。

家から車で10分ほどのところにある内科の病院。
おじいちゃん先生なのですが、
この先生の出してくださる薬は速攻でよく効きます(^v^)

悪寒はするものの熱はなくて36.3度。
昨日からの症状と相変わらず、くしゃみと鼻水なのですが、
家に帰って薬を飲んだら、だいぶ楽になりました(^v^)

そういえば。
「風邪」というのは病名ではないってご存知でしたでしょうか。

私も知らなかったのですが。
体調が悪くて病院に行くと、先生が喉をみたり聴診器で心音を聴いたりしますよね。
それで、何かの病気の疑いがなければ「風邪」となるみたいです。

だから、ちょっと休んでれば大丈夫。
と思わないで病院には行ったほうがいいですね。

それから。
悪寒は発熱する前の症状なのですが、発熱を伴わない悪寒だけの場合もあって。
その場合は、どうやらホルモンバランスの崩れからくることがあるそうです。

更年期に入っていく私たちの世代。
ホルモンバランスの崩れに対処していくのも大切なことですね。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

投稿者:

Emi

アラフィフ。 生活スタイルや体調など年齢とともに変化を感じる世代。 落ち込むこともあるけれど、楽しいこともある。 自分らしく、毎日を明るく過ごしていけたらいいなぁと思います。 堅苦しく考えず、その時に思ったことを日々綴っていきます。 よろしくお願いします。

コメントを残す